メトロおよびコアネットワーク向けの100G/200Gコヒーレントオプティクスソリューション

より広い帯域幅、より長い伝送距離、およびより高い受信感度は、常に光通信の分野の研究者の最終目標です。ビデオ会議やインターネットの普及などの通信技術の応用によって生成される情報の爆発的な成長に伴い、通信システム全体の基盤となる物理層に対して、より高い伝送性能要件が提案されています。強い需要に牽引されて、大規模DWDMは徐々に波長リソースを使い果たしており、圧縮光パルスによる時分割多重(TDM)システムの効率にも大きな技術的ボトルネックがあります。その結果、忘れられていたような一貫性のあるシステムが再び人々の注目を集めました。

コヒーレント光通信の理論と実験は1980年代に始まりました。コヒーレント光通信システムは高感度であると認識されており、研究者はそれについて多くの研究を行ってきました。 EDFAおよびWDM技術の開発により、コヒーレント光通信の研究はかつてゆっくりと急成長しました。しかし、時間が経つにつれて、以下の多くの問題がこの理論を再び広く懸念させます。デジタル通信の観点から、Cバンド増幅器の容量を拡張し、ファイバ分散効果の劣化を克服し、自由空間伝送の容量と範囲を拡大する方法は、研究者にとって重要な考慮事項になっています。アナログ通信の感度とダイナミックレンジは、システムの重要なパラメータです。これらはすべて、コヒーレント光通信技術によって改善できます。

Gigalightは、新しい歴史的な機会の下で進歩を遂げることを決定します。当社のエンジニアは、DP-D /QPSK変調技術を使用してシングルラムダCFP-DCO100Gコヒーレント光モジュールを開発し、フルCバンドITU-T(50 / 100GHz)、標準100GEインターフェイス(OTU4カスタマイズ)に準拠して調整可能にしました。 CFPMSAプロトコル。ユーザーが既存の機器に直接アクセスするのに便利です。データセンター相互接続(DCI)およびカスタマイズされたメトロポリタンエリアネットワークアプリケーション用で、伝送距離(最大100Km)の条件を満たす、P2Pお​​よびDWDM伝送をサポートします。さらに重要なのは、シリコンライトテクノロジー統合最適化ソリューションを使用して、低電力アプリケーション(最大22W)のニーズに対応し、アプリケーションシナリオに応じてカスタマイズされたシステムソリューションを提供できることです。

100Gコヒーレント光モジュールは、100GDWDMの長距離伝送の技術研究分野に属しています。主に100GWDMシステムの回線側光伝送に使用されます。他のさまざまな形式のライン側光モジュールと比較して、OSNR性能、感度、分散限界、およびDGD耐性が優れているため、業界で一般的な選択肢となっています。主な技術には、DP-QPSK変調技術、コヒーレント検出技術、DSP処理技術が含まれます。

×

Someone recently bought a

We use cookies to improve your experience on our website. Read about how we use cookies in our Privacy Policy. By browsing this website, you agree to our use of cookies. privacy policy
accept

カート

×