100G DWDMソリューション:PAM4またはコヒーレント?

5G、クラウドコンピューティング、ストレージネットワークなどの高速ネットワークアプリケーションの需要が高まるにつれ、光伝送ネットワークも急速に進化しています。そして、100G DWDMソリューションは徐々に改善され、成熟してきました。直接変調とコヒーレント技術により、メトロおよびDWDMネットワークの伝送距離を最大80km、さらには1000kmまで簡単に延長できます。では、これら2つのテクノロジーの違いは何ですか? 100G DWDM伝送に適しているのはどれですか?この記事を読んだ後、答えが見つかると思います。

100G DWDMソリューションとは何ですか?

100G DWDMソリューションは、長距離アプリケーションを介して100Gトラフィックを接続するための最も簡単な方法を提供します。また、PAM4とコヒーレント技術は、WDMおよび80kmを超える超長距離伝送でコスト最適化ソリューションを提供します。では、これら2つのテクノロジーの違いは何ですか? 100G DWDMソリューションに適しているのはどれですか?次の説明で答えを見つけてください。

100G DWDMソリューション:100G PAM4とコヒーレントテクノロジーとは何ですか?

QSFP28 PAM4は、4つの異なる信号レベルで2ビットのデータをエンコードするテクノロジーであり、2ビットの論理情報を表す各信号レベルで接続の信号帯域幅を2倍にします。これは、マルチオーダー変調で重要な役割を果たし、PAM4を100GDWDMソリューションの最も効率的で費用効果の高いイネーブラーにします。 100G PAM4 QSFP28トランシーバーは、PAM4変調技術を採用して、大規模なデータセンター、キャンパス、およびエンタープライズネットワークで高速信号伝送と100Gの構築を実現します。

100Gコヒーレントオプティクスは、メトロキャリアおよび地域/長距離伝送アプリケーション(80km〜1000km)に最適です。次の図は、200GDWDMネットワーク用のFS100G CFP2-DCOトランシーバーのアプリケーションを示しています。ファイバーリンク損失は25dBで、100km間のラインサイドバックボーンDWDMデータセンターの相互接続を実現しています。

結論

この記事を読んだ後、1​​00G DWDMソリューションについて理解が深まりましたか? 100G PAM4の方が経済的で便利ですが、伝送距離は短くなります。コヒーレントモジュールは長い伝送距離をサポートしますが、機器に制限があります。具体的な選択は、実際のアプリケーション要件を参照する必要があります。

×

Someone recently bought a

We use cookies to improve your experience on our website. Read about how we use cookies in our Privacy Policy. By browsing this website, you agree to our use of cookies. privacy policy
accept

カート

×